HOME > ハイパーカミオカンデとは > 組織 > 組織概要

組織

組織概要

世界トップクラスの研究者が集まる国際研究拠点として、ハイパーカミオカンデ実験は、世界の様々な国の研究者が力を合わせてその実現に取り組んでいます。

2021年11月現在で、アルメニア、ブラジル、カナダ、チェコ、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、韓国、メキシコ、モロッコ、ポーランド、ロシア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、ウクライナ、アメリカの20ヶ国の研究者が参加しています。

ハイパーカミオカンデ計画では、日本政府による承認を受けて、正式な国際協力研究者グループを設置しています。研究者グループは、次の管理組織を構えています。

  • 機関代表者委員会(Institutional Board)
  • 共同代表者(Co-Spokespersons)
  • 運営委員会(Project management Board)
  • 役員会(Executive Board)
  • 資源委員会(Steering/Resource Board)
  • 技術委員会(Technical Board)

共同代表者(Co-Spokespersons)

塩澤 眞人(東大宇宙線研, 日本), F. Di Lodovico (KCL, イギリス)

運営委員会(Project management Board)

グループの運営

委員長: 塩澤 眞人(東大宇宙線研, 日本)
F. Di Lodovico (KCL, イギリス), 森山茂栄(東大宇宙線研, 日本), 小林 隆 (KEK, 日本), S. Playfer(Edinburgh,イギリス)

役員会(Executive Board)

グループの運営方針や規則の了承など

委員長: F. Di Lodovico (KCL, イギリス)
塩澤 眞人 (東大宇宙線研, 日本), 森山茂栄(東大宇宙線研, 日本), 小林 隆 (KEK, 日本), S. Playfer(Edinburgh, イギリス), 中家 剛(京大, 日本), 伊藤好孝(名古屋、日本), A. Konaka (TRIUMF, カナダ) , L. Labarga(Madrid, スペイン), E. Rondio(NCBJ, ポーランド), E.Radicioni(INFN-Bari, イタリア)

資源委員会(Steering/Resource Board)

グループの資源配分に関する議論

委員長: 中家 剛(京大, 日本)
A. Ioannisian(Yerevan, アルメニア),
H. Nunokawa (Rio de Janeiro, ブラジル),
M. Hartz (TRIUMF, カナダ),
M. Malinsky(Charles,チェコ),
O. Drapier (IN2P3 - Ecole Polytechnique, フランス), V. Georges (Saclay, フランス),
S. Roth (Aachen, ドイツ),
L. Ludovici(INFN-Rome, イタリア),
K.K. Joo(Chonnam, 韓国),
Alejandro Kadsumi Tomatani Sanchez(Instituto Tecnologico de Estudios Superiores de Monterrey, メキシコ),
M. Gouighri (Ibn-Tofail University, モロッコ),
E. Rondio (NCBJ, Warsaw, ポーランド),
Y. Kudenko (INR, ロシア),
C. Peña Garay (LSC, Spain),
E. O'Sullivan (Uppsala, スウェーデン),
A. Rubbia (ETH, スイス),
D. Wark (STFC,RAL-PPD, イギリス),
V. Aushev(Kyiv、ウクライナ),
M. Camillo(Virginia, 米国)

技術委員会(Technical Board)

建設に関する調整など

委員長:S. Playfer(Edinburgh,イギリス)
塩澤 眞人(東大宇宙線研, 日本), F. Di Lodovico (KCL, イギリス), 森山茂栄(東大宇宙線研, 日本), 小林 隆 (KEK, 日本)

検出器施設グループ: 中山 祥英 (東大宇宙線研, 日本), 浅岡 陽一 (東大宇宙線研, 日本)
検出器グループ: 横山 将志 (東大, 日本), S. Playfer(Edinburgh,イギリス), 平出 克樹(東大宇宙線研, 日本)
物理ソフトウエア計算機グループ: 石塚 正基(東京理科大, 日本)
ND280前置検出器グループ: F. Sanchez(Geneva, Switzerland), J. Dumarchez(LPNHE Paris, フランス) , C. Giganti(LPNHE Paris, フランス), 木河達也(京都, 日本)
IWCD前置検出器グループ: M. Hartz (TRIUMF, カナダ), P. de Perio(TRIUMF, カナダ)
ビームグループ: 坂下 健 (KEK, 日本)
前置検出器施設グループ: 中平 武(KEK, 日本), 多田 将(KEK, 日本), 塚本 敏史(KEK, 日本)