HOME > 最新情報 > 2020年12月

ハイパーカミオカンデの新体制について

ハイパーカミオカンデ計画の日本政府による承認をうけ、計画を推進するための国際共同研究グループ(ハイパーカミオカンデ コラボレーション)が2020年6月に正式に設置されました。

研究グループは、2020年12月に、最初の実験代表者として、塩澤眞人教授(日本代表、東京大学宇宙線研究所)とFrancesca Di Lodovico (海外代表、イギリス キングス・カレッジロンドン)を選出しました。2名とも素粒子・ニュートリノ研究における豊富な経験を持っています。

機関代表者会議の議長には、ニュートリノ物理で素晴らしい業績を持つEmilio Radicioni博士(イタリア バリ大学)が2020年9月に選出され、実験代表者とともにハイパーカミオカンデの建設を指揮していくことになります。

ハイパーカミオカンデ実験代表者に選出された、塩澤眞人教授(左)とFrancesca Di Lodovico (右)