HOME > 最新情報 >トピックス > 2015年4月

日本物理学会第70回年次大会において講演を行いました。

写真2015年3月21日から24日にかけて、早稲田大学を会場として日本物理学会第70回年次大会が開催されました。

ハイパーカミオカンデ共同研究グループにおいても、ハイパーカミオカンデ計画で期待される成果や最新の開発・準備状況について、複数の研究者が講演を行いました。特に、ハイパーカミオカンデ用に開発中の新型光センサーについて、詳細な性能評価を進めていることやそれを用いることによる検出器性能の向上をシミュレーションで見積もった結果などを報告し、活発な議論が行われました。

写真また、ニュートリノ研究の新たなる展開と題したシンポジウムの中でも、ハイパーカミオカンデが
解き明かそうとしている素粒子の性質や宇宙の謎についての講演を行いましたが、多くの聴衆を集め本計画に対する研究者の関心の高さをうかがわせるものとなりました。