「素粒子」と「宇宙」を地下から見上げる

ハイパーカミオカンデは、現行のスーパーカミオカンデを凌駕する巨大水タンクとそのタンクの中に並べる超高感度光センサーからなります。この実験装置は、素粒子を観察する「顕微鏡」であると同時に、飛来するニュートリノを用いて太陽や超新星爆発を見る「望遠鏡」でもあります。

陽子崩壊の発見やニュートリノのCP対称性の破れ(ニュートリノ・反ニュートリノの性質の違い)の発見、超新星爆発ニュートリノの観測などを通して、素粒子の統一理論や宇宙の進化史の解明を目指します。

国際研究プロジェクトとして世界の研究者が協力し、2026年の実験開始を目指しています。


最新情報&更新情報

2016.9.16 東京大学宇宙線研究所附属神岡宇宙素粒子研究施設 特任助教の公募について
2016.3.29 ハイパーカミオカンデの新しいパンフレットができました
2016.3.10 【トピックス】光センサ保護カバーの強度試験を開始しました
2016.3.1 【開催報告】ひだサイエンスカフェ
2016.2.5 プロジェクトリーダー 塩澤眞人教授が2月27日にサイエンスカフェを行います
2015.7.13 【開催報告】サイエンスカフェ
2015.6.15 プロジェクトリーダー 塩澤眞人教授が7月12日にサイエンスカフェを行います
2015.5.25 論文がProgress of Theoretical and Experimental Physics誌に掲載されました。
2015.5.22 [トピックス]「ハイパーカミオカンデにおける宇宙ニュートリノ観測」研究会が行われました
2015.5.14 [トピックス] 新型光センサーの強度試験を行っています。
2015.4.19 ハイパーカミオカンデのヨーロッパの研究者による研究会が4月27, 28日に行われます。
2015.4.11 [トピックス] 日本物理学会第70回年次大会において講演を行いました。
2015.4.9 研究会「ハイパーカミオカンデにおける宇宙ニュートリノ観測」が2015年5月18, 19日に行われます。
2015.3.24 [トピックス] プロジェクトリーダー 塩澤眞人教授のインタビュー動画を掲載しました。
2015.2.25 J-PARCニュートリノビームとハイパーカミオカンデを用いたニュートリノ振動実験について論文に発表しました。
2015.2.20 KEK 小林隆教授、京都大学 中家剛教授、東大宇宙線研 塩澤眞人教授の3名が戸塚洋二賞を受賞しました!
2015.2.12 「組織」ページを更新しました。
2015.2.5 [トピックス] ハイパーカミオカンデ国際共同研究グループ結成記念シンポジウムおよび調印式を行いました。
2015.2.5 [トピックス] 第6回ハイパーカミオカンデオープンミーティングが行われました。
2015.1.19 ハイパーカミオカンデ国際共同研究グループ結成記念シンポジウムが2015年1月31日に行われます。
2015.1.7 第6回ハイパーカミオカンデオープンミーティングが2015年1月28日~31日に開催されます。
2015.1.7 ハイパーカミオカンデホームページを開設しました。
2014.12.15 ハイパーカミオカンデ実験に期待される測定性能や実験感度を論文に発表しました。
2014.11.24 高エネルギー加速器研究機構小林隆教授と京都大学中家剛教授が仁科記念賞を受賞しました!
2014.2.28 ハイパーカミオカンデ計画が、日本学術会議 大型施設計画・大規模研究計画に関するマスタープラン2014において、「重点大型研究計画」に選定されました。